タグ別アーカイブ: 計測機器

ナノ粒子を計測可能なデバイスを開発

マイクロ流体チャネル(明るいパターン)と分析器の電極(黄色)の光学顕微鏡図。ナノ粒子はチャネルを通り、流体の流れで一時停止し、それぞれ計測場を通ることで検知されます。(C) J.L. Fraikin and A.N. Cleland, UCSB

カリフォルニア大学サンタバーバラ校(以下UCSB)の科学者によって、ナノ粒子の分野で正確な計測が可能になりました。

UCSBリサーチチームは、個々のサイズが直径20−30ナノメートルのナノ粒子を検出可能な機器を開発しました。本研究は今週のNature Nanotechnologyのオンライン版に掲載され、4月号に印刷された号は掲載されます。

「このデバイスはナノ粒子分析における幅広い応用の可能性を開くでしょう。また、水の分析や薬品開発他、バイオメディカル分野においてこの新技術を使った開発が最適であると思います。」と本研究の主任執筆者であるJean-Luc Fraikin氏は言っています。この機器は、UCSBの物理教授Andrew Clelandの研究室でUCSBのサンフォード – バーンハム医学研究所の著名な教授、Erkki Ruoslahtiグループの協力により開発されました。

続きを読む