タグ別アーカイブ: 生産技術

ナノ・メゾスケールでの分子ロボット開発に向けたDNA分子モーターの移動とリアルタイム観測に成功

京都大学物質-細胞統合システム拠点(iCeMS=アイセムス)教授杉山弘、iCeMS准教授遠藤政幸らの研究グループと英国オックスフォード大学は平面構造上に作成したDNAオリガミと呼ばれる1辺100ナノメートル(nm)程度の長方形平面構造体に、DNAからなる約100nmの長さの”レール”を作成し、そのレールに従って1分子で動作するDNA分子機械を移動させることに成功しました。 続きを読む

日産数百グラムオーダーの単層カーボンナノチューブの生産能力を実証

独立行政法人 産業技術総合研究所のプレスリリースによると、同研究所ナノチューブ応用研究センターは、日本ゼオン株式会社の協力を得て、スーパーグロース法により日産600gの炭素純度99.99%以上の高純度炭層カーボンナノチューブの生産能力を実現させたとのこと。従来の実験施設での合成は日産1g程度であったため、飛躍的な進歩であると考えられるであろう。

本成功により、透明導電膜、太陽電池、薄膜トランジスタ、キャパシタ等への応用に弾みがつくことを期待したい。

産総研: 大量生産で単層カーボンナノチューブの研究開発を加速
http://www.aist.go.jp/aist_j/press_release/pr2011/pr20110214/pr20110214.html