タグ別アーカイブ: サイクロスポリンA

ヒトiPS細胞から正常な機能を示す心筋細胞を得る基本的技術が確立される

京都大学再生医科学研究所/iPS細胞研究所の山下潤准教授研究グループと京都大学内分泌代謝内科の中尾一和教授は、ヒトiPS細胞(およびマウスiPS細胞)からの心筋分化の際に、サイクロスポリンA(以下CSAという)を作用させることで、効率良く心筋分化を誘導できることに加え、本方法で誘導した心筋細胞は、心筋特異的な機能や構造を有し、正常な心筋に近い電気生理学的反応や微細構造を示すことを明らかにされました。

本成果のポイントは下記にあると考えられます。

続きを読む