シンギュラリティーロードマップ

シンギュラリティーの発生を2005年代の予測である2045年に置いた場合、それに伴う技術の発展をRay Kurzweil氏の提唱する21世紀に重要となる3分野GNR: Genomics, Nanotechnology, Roboticsを基礎としたスケジュールを検討すべく、暫定目標を考察する。

Nanotechnology
バイオテクノロジーもロボティクスも、ナノテクに集約されると考えるので、ナノテクノロジーを主眼に置いた、バイオテクノロジー、ロボティクスを考えることとする。

Genomics (Biotechnology)
観測技術と解析技術

  • 2021: 人体構造の基本シミュレーションを作成。
  • 2031: 観測機器の向上により、リアルタイムで分子の流れに至るまでの人体の観測を行えるようにする。
  • 2041: 人体とマシンを完全に接続
  • 2045: Singularity。意識のアップロード。死を克服すること。

Robotics

  • 2021: 完全に人の手足などの代わりをするデバイスの開発。
  • 2031: 体内の修復。補完可能なデバイスの開発。
  • 2041: 人体に接続できるデバイスを完成。機能強化。ネット端末遺伝子の埋込。
  • 2045: Singularity。自分の処理能力を超えられるデバイスとの融合。