“Exponential Organizations”遂に発刊

シンギュラリティ・ユニバーシティの講義の中でも重要な位置を占める「Exponential Organizations」講師を務めるSalim Ismail氏が3年越しの著作を遂に完成させて書籍発刊が発表されました。

「Exponential Organizations」

この概念の専門家として、当協会理事のJovan RebolledoとTakemi Sasakiが「ExO Experts」ページのJapanに登録されています。

近未来にどの様な組織が世界を一新させていくのか。。。。

本件に関する問い合わせは本協会、あるいは直接各ExO Expertへ。

 

シンギュラリティ大学の映画制作費用をクラウドファンドで募集中

シンギュラリティ大学に関する映画制作費用を「indiegogo」でクラウドファンディング募集をしています。締め切りは10月12日です。

Indiegogo:The University -Feature Documentary

投資額が12,000ドルのEPチケットを購入すると、来年3月開催分までキャンセル待ち状態のEPに、選別なしで席が確保されるだけでなく、この映画の共同エグゼクティブプロデューサとしてIMDBなどに名前が出ます。

通常のEP参加費も12,000ドルですので、付加価値付きの確実なEP参加が得られるということです。

Co-Exec Producer and EP Ticket

研究会発表のお知らせ

JSI image3

本協会の広口正之氏が、日本セキュリティ・マネジメント学会先端技術・情報犯罪とセキュリティ研究会で、以下の通り発表を行います。

参加ご希望の方は直接研究会宛にお申込みください。

研究会ページ:http://jssm-net.sakura.ne.jp/wp/?page_id=402

日 時
2014年8月29日(金曜)
午後 6 時半から午後 8 時半迄

場 所
中央大学後楽園キャンパス 3号館12階31219号室
⇒〔地図〕:大学へのアクセスマップ
後楽園キャンパスまで
http://www.chuo-u.ac.jp/access/
http://www.chuo-u.ac.jp/access/kourakuen/

後楽園キャンパスの中
http://www.chuo-u.ac.jp/campusmap/kourakuen/

テーマ
「シンギュラリティ(技術的特異点)で何が起こるのか
~産業革命以上の大変革に、どう対処すべきか~」

講師
広口正之

講演概要
極めて近い将来に、ニューロコンピュータにおけるニューロン(脳細胞)の数が
人間の脳と同等規模に達し、以後、規模の拡大を続けてゆきます。
このとき、コンピュータ上の知能は、人間の知能を上回り、
人間社会は産業革命以上の大変革を余儀なくされるでしょう。
さらに、人工光合成、石油生成藻類、遺伝子工学、ナノテクノロジーなどの発展により、
エネルギー、石油化学、情報通信、運輸・物流、電気機械、食料品、医療、金融など、
さまざまな分野で大きな変革が起ころうとしています。
どのような変化が予測され、その変化にどう対処すべきかについて、ご紹介します。

講師略歴
・1982年 東京大学大学院工学系研究科修士課程修了
・1988-1989年 スタンフォード大学にて人工知能を研究
・データフロー型計算機や航空宇宙システムなどを研究開発
・現在、リコージャパン株式会社、エグゼクティブ・コンサルタント
・日本ネットワークセキュリティ協会 シンギュラリティ調査ワーキング
グループ リーダ
・日本シンギュラリティ協会 理事
・情報処理技術者試験委員
・CISSP、CISA、情報セキュリティアドミニストレータ、
ネットワークスペシャリスト、データベーススペシャリスト他
・著書:「実際にあった46の情報セキュリティ事件」、「Nessus入門」

連絡先
主査:萩原 栄幸
jssm.sentan@gmail.com

申込先
原則としてJSSM会員が対象ですが、非会員で出席ご希望の方は 主査・幹事宛ご連絡下さい。

 

 

photo by carscoops http://www.carscoops.com/2014/03/new-nanoflowcell-quant-e-sportlimousine.html

【動画】なんと「塩水」で時速380km!次世代エコカーが世界を変える!?

TABI LABO【動画】なんと「塩水」で時速380km!次世代エコカーが世界を変える!?

「塩水」で車が走る?

2014年3月のジュネーブモーターショーで話題をさらった「クアントeスポーツリムジン(Quant e-Sportlimousine)」。この車の動力は、ナント塩水だ!

驚くべきその技術は、酸素還元反応なるものを利用した「nanoFLOWCELL」と呼ばれる電池による。この電池が塩水を電気パワーに変えて走るというスグレモノだ。

photo by Shawn https://www.flickr.com/photos/shawncalhoun/4622481538

ロボットに感情は必要なのか? アンドロイド研究の第一人者に聞いた

GIZMODO「ロボットに感情は必要なのか? アンドロイド研究の第一人者に聞いた」

アンドロイドは、ほとんど人間になる?

ペットロボットや掃除ロボット、介護ロボットなど、ロボットが実生活の中でも身近な存在になってきています。またここ最近はソフトバンクモバイルが汎用型の感情認識パーソナルロボット「Pepper」を発表するなど、「ロボットが心を持つ」というSF映画のような夢物語が、いよいよ現実のものとなろうとしています。